2020-10

スポンサーリンク
発達障害を取り巻く社会環境

EXIT兼近大樹さんがEテレで発達障害の苦労を語る

 以前「EXITの兼近大樹さんは支援の必要な子どもだったのではないか」と現役中学教師のかたがnoteに書かれていたことについて書いたことがあります。  この前のEテレの福祉番組「ハートネットTV」を見てい...
miki家の日常

自閉症には考えもつかない恐るべき定型保育園児の世界

 私はタカ君も保育園に行かせていましたが、結局親子ともに友達はできず、ポツンでした。なので、アヤちゃんの保育園生活は親の私も初めてのことばかりです。この前衝撃の出来事がありました。私たち親子がポツンとしている間に定型児たちはこんなやり取り...
親自身の悩み

家も近所付き合いも人生も袋小路

 皆さんは家を買うとき、どんなことに気を付けましたか?駅近?スーパーや学校が近くにあるか?自然災害に強い土地か?同世代の子どもたちが近くにいそうか?私は、タカ君が知的障害を伴う自閉症だと診断される前に家を買ってしまいました。そのせいで、い...
発達支援センター(3歳)

療育を頑張れば頑張るほどガックリする理由

 療育に通って半年ほどすぎてから突然成長し始めたタカ君。しかし、健常者との越えられない壁も見せつけられました。 何か月も頑張ってようやく人並み  最初は座ることさえできず、床に寝っ転がったりしていたタカ君。しかし療育では「どん...
発達支援センター(3歳)

発達支援センターの迷惑親子と弱気な私

 我が町の発達支援センターは本当に充実していて、有意義な療育をめいっぱい受けられたと思います。しかしながら、親子通園で避けて通れないのがママ友関係。今回は、ママ友関係に悩んだ話をしようと思います。  発達障害と遺伝の関係が取りざたさ...
miki家の日常

”いいもの”作った話

 今回は現在のお話です。「いいもの」を作ったタカ君(小3)とアヤちゃん(年長)。はたしてママを喜ばせることはできたのか? なにやら自信ありげに出してくるタカ君。 学校で作ってきたみたいです。 ドキ...
発達支援センター(3歳)

発達障害児とその親の運動会の憂鬱

 大多数の子どもたちにとって楽しみなのが運動会ですが、発達障害児とその親にとっては悲しくつらく頭の痛い日であります。 発達障害児は運動が苦手  もちろん得意な子もいますが、大多数の発達障害児は健常児よりも運動が苦手な傾向があり...
発達障害を取り巻く社会環境

EXIT兼近大樹さんと発達凸凹とやんちゃな学生時代について

 ここのところ体調を崩していて更新できていなくてすいませんでした。  EXIT兼近さんといえば、チャラ男の芸風と端正な顔立ちで爆発的な人気を誇り、お笑い界第七世代というニュージェネレーションであちこちからひっぱりだこです。しかし、彼...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました